読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

落とし穴からお送りします

蟲惑魔好き決闘者が駄文を書き連ねていきます。

久しぶりに店舗大会に出てみました。

今日はSD31の予約をしにカードショップへと行ってきたのですが、丁度私が予約を終えた辺りで「非公認の店舗大会やるよー」と偶然オーナーさんからのお声掛けが(狙ったんですけどね)。

最近ご無沙汰だったので参加。
何でもCS勢がいないらしく、結構和気藹々とした雰囲気の中でプレイすることができました。
そりゃガチ勢と環境デッキだらけの大会なんて勝てませんしね(暴論)。

オーナーさんも、みんなデッキがバラバラだー、なんて少し嬉しそうでした。
最近は「十二王デュエルモンスターズ」などと言われるほど【十二獣】が環境を席巻していますからね……。

私の使用デッキは勿論【蟲惑魔】。

f:id:Ryok_tea:20161218202116j:plain
f:id:Ryok_tea:20161218202150j:plain

こんな感じです。


CSプレイヤーがいないのなら、そして環境デッキがいないのなら、私でも案外いい所まで行けちゃうんじゃない?みたいな感じで夢見ながら参加。


1回戦 【壊獣グレイドル】

私「知らないデッキだ……」

名前は聞いたことあるんですけど。スキドレ軸とかあるらしいしメタビな気もするんですけど。

【壊獣】は相手のモンスターをリリースして出てきて勝手に怪獣バトルをおっぱじめる、あのはた迷惑な奴ですよね。
【グレイドル】は自爆特攻したりして相手のモンスターのコントロールを得る、あのはた迷惑な奴ですよね。

両者間のシナジーが全く思い付かないバカな私……。


さて1本目。

この時点では相手のデッキが分からなかったため、《ジャイアントハンド》で裏守備を攻撃、無事グレイドルなんとかを踏みコントロールを奪われたりしました。アホです。
しかしグダグダながら何とか勝ちました。

壊獣って相手に壊獣がいたら手札から特殊召喚出来るじゃないですか。あの効果をこのデッキで使うことになるとは思わなかったんですが……。

お互いに手札が枯渇してしまったため結構な泥試合となったのですが、最後のターン、私は《貪欲な壺》をドロー。私は決闘者でした。

とりあえず2ドロー。
《クモグス》《ティオ》。
これには思わず私もにっこり。

相手の場に《サンダーなんとか》がいたので《クモグス特殊召喚、《ティオ》召喚から《トリオン》SSでバックを剥がしつつ《ホープザライトニング》召喚。

《ライトニング》で《サンダーなんとか》を攻撃、《クモグス》で直接攻撃、そして場の《ナチュルの神星樹》で《クモグス》リリース《ティオ》SSで追撃。

そこまでの泥試合で少し削れていたライフを見事削りきりました。


そして2回戦。
サイドチェンジでブラホおろ埋シャドールドラゴンを抜き、我らが《サイクロン》を3枚入れて挑みます。


traptrix.hatenablog.com

私のサイクロン崇拝についてはこちら。



既に相手のデッキが【壊獣グレイドル】であることを知っている私は序盤から《ホープザライトニング》でガンガン攻めます(グレイドルモンスターは戦闘破壊されると相手のモンスターのコントロールを得る墓地効果を持っていますが、ライトニングはその発動すら許さない鬼です)。
怖いバックは《トリオン》や《サイクロン》で処理しながらガンガン攻めます。




勝ちました。

1回戦 【壊獣グレイドル】 〇〇


壊獣グレイドルって今回初めて見たんですけど、結構面白そうなテーマでした。
私はメタビ大好き決闘者なので、もしかしたら近い内に手を出すかもしれません……。




そして2回戦。

実は私、店舗大会で2回戦を勝ち上がったことがないんですよね。
1回戦は大抵勝てるのですが、2回戦で何故か必ず環境デッキと当たってしまうのです。

しかし今日はCS勢がいない!
私の「必ず2回戦で負ける」という呪いも、ついに終わりを告げようとしていました。
明るい未来がすぐそこで待っているのです。

いざ行かん!!






2回戦 【メタル十二獣】

f:id:Ryok_tea:20161218210910j:plain

見事なフラグクラッシャーでした。
またしても私の呪いは消えなかった……。

しかし相手が環境と言えども、逃げてはなりません。元々そういうスタンスで遊戯王をやってきたんじゃないか!かっとビングだ!俺!
と自身を鼓舞し、私は果敢に挑みます。

環境なんかに負けたりしない!!






結果 〇✕✕

環境には……勝てなかったよ……。

しかし圧倒的な差で負けたかと言えばそうではなく、3本目はギリギリのところで読み負けてしまった、という感じでした。

1本目は先攻で《ドランシア》《インヴォーカー》《エメラル》+スケール1~8と伏せ2枚まで展開されましたが何とか勝てましたし。


私の【蟲惑魔】、実は対【DD】と対【海皇水精鱗】では大体五分の勝率をマークしていたりしますし、あとはプレイングを磨けばワンチャン……?とか感じざるを得ませんよね。


総括。
「非環境デッキでもワンチャンあるよね」ってことです。
特に【蟲惑魔】のようなメタビ系のデッキだと、プレイング次第で環境デッキを相手取ってもどうにか戦えるように感じます。
あ、《通告》《虚無空間》《勅命》《次元障壁》とかのパワーカードがいっぱい飛んできたら無理ですけど。さすがに。


次回の大会では
「2回戦を勝ち上がる」
「環境デッキに勝つ」
この2点を目標に頑張ろうかなー、と思います。

「非環境デッキで環境デッキに勝つんじゃー」なんてブログで書いてるくせに全然勝てないんじゃお話になりませんし。
そして、私が見事環境デッキ相手に勝利を収めることが出来たならば、非環境デッキ愛用者の皆さんに希望を与えることもできますしね。

次回は少し違うタイプの【蟲惑魔】で参加しようかな……。
近日、今回使用したデッキについても説明しようかと考えています。


それでは、遊戯王エンジョイ勢の皆さんに光あれ!と、ここで締めさせていただきます。


必ずや損はさせませんので是非ともポチッと……