読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

落とし穴からお送りします

蟲惑魔好き決闘者が駄文を書き連ねていきます。

早速ですが【2017年1月制限改訂】

制限改訂

早速ですが丁度タイムリーな話題があるもので、連続投稿となります。

f:id:Ryok_tea:20161215203458j:plain

2017年1月の制限改訂についてです。
まずはリストアップしてみます。

【禁止】
・マジェスペクター・ユニコーン

【制限】
・SRベイゴマックス
・レスキューキャット
・ゴヨウ・ガーディアン
・氷結界の虎王 ドゥローレン
・氷結界の龍 ブリューナク
・餅カエル
・炎舞 - 「天キ」
・洗脳 - ブレインコントロール
・ユニオン格納庫
・未来融合 - フューチャー・フュージョン
・王宮の勅命

【準制限】
聖なる魔術師
ダンディライオン

【無制限】
・甲虫装機 ダンセル
・光天使 スローネ
・マスマティシャン
・馬頭鬼
・神の写し身との接触

以上ですね(周知)。

特記すべきは、
・ベイゴマックス君がついに制限に
・餅カエルや格納庫など前環境のカードも制限へ
・さすがに本体を規制は無理だったらしく、十二獣関係で天キが制限へ
・禁止カード6種がエラッタ復帰
・過去環境カードの緩和
・マジェスペクター・ユニコーンの禁止
あたりでしょうか?

私が使っているテーマ関連でのパーツは良い意味でも悪い意味でも触れられていないので、余り実感は湧きませんが……(SRは組んでいますが趣味程度のためベイゴマ君はいません)。

身内で見るカードとしてはユニコーンや餅カエル、天キが挙げられます。
ユニコーンはまあ明らかなパワーカードですし、サーチも利くので制限では意味がなかったのかー、と。
天キについては、月光を組んでいる友人が嘆いていました。獣戦士族はこれからしばらくの間十二獣の下僕となるしか生き残る術はないのでしょうか……。
……餅カエル。私が身内で一番と言っていいほど苦手としている【海皇水精鱗ガエル】でよく目にします。
制限となっても結局ほぼ意味が無いのは分かりきっています……。実際身内の【海皇水精鱗ガエル】のEXデッキに餅カエルは一枚しか入っていませんし。やるなら禁止にして欲しかった……。


エラッタ緩和について。

勅命キャットブリュゴヨウ未来融合洗脳。
割と予想外のカード達が帰ってきたような気がします。
これはもしかして征竜の復帰も近いのでは……?

6種のうち、1枚だけ適切な修正を受けていないカードがあるように感じます。
王宮の勅命です。このカードはエラッタされてなお環境で猛威を奮いそうな予感がします。

エラッタによってライフコストが強制で支払われるようになったのと自身効果で自壊からの展開が出来なくなりましたが……まだ足りない。というか、そもそも戻ってきて良かったのかな?という感じさえします。

魔法カードに頼らないデッキは勿論、魔法カードを使うデッキだって先行で制圧盤面を展開してこのカードをそっと伏せるだけで……。

考えるだけで身の毛もよだつ思いです。

今回の制限改訂では残念ながら十二獣は直接的な規制がなされませんでした。
しかし、大会結果に「十二獣」の文字が跋扈する現状は決して好ましくありません。カードゲームから個性を取り除いてしまえば将棋やチェスと変わりありませんし、寸分の狂いなくフェアな試合ができるという点では将棋やチェスの方が格段に楽しいですしね(暴論)。

4月までは獣戦士族(十二獣を除く)は暗黒期を過ごすこととなりそうですね……。
4月に十二獣に適切な規制が下り、天キが帰ってくることを祈って、締めとしようと思います

それでは。